忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 地ビールの入荷のお知らせが滞っており申し訳ありません。しばらくぶりで最近入荷の地ビールやちょっと面白い在庫のビールをご案内します。



 まずは、いわて蔵ビールさんのビールです。左からわずか残った冬季限定バイツェンボック、定番のレッドエールとバイツェン。
 一風変わったラベルは同社が5年前に酒米五百万石を使って仕込み長期熟成させた酒米麦酒。そして、地元産大麦で作られた「こはる」、春限定品のキャラメルエール。思いがけず、色々そろいました。いずれも500円です。




 志賀高原麦酒さんからは限定品です。
 左はたぶんもう売ってるお店がほとんどないと思います、ハーベストエール(410円)、真ん中はアルコール10度、自家栽培の美山錦を使ったタカシインペリアルスタウト(520円)、海外の醸造所との共同企画で作られたマイルドエールのノットソー(410円)
 一度は飲んでおいてほしいビールばかりです。



 最後に、富士桜高原ビールさんの さくらボック。度数が高く、色もやや濃い目のこげ茶色をした、ゆっくりと楽しむビールです。
 春の桜の下で、少し落ち着いた雰囲気で楽しまれるのにお勧めです。730円です。
PR


富士桜高原麦酒さんからバイツェンとラオホが届きました。今回の仕入れでは、いつもとはちょっと違ったお願いをしました。

 ヴァイツェンの瓶詰めを待って、詰めたて を送ってもらったのです。通常、いったん瓶詰めしたら、それを順次発送していくわけで、最初と最後では何日かの差が出ます。

 詰めてすぐですので、いつもよりさらに新鮮なヴァイツェンをお楽しみいただけます。   1本680円です。




  こんにゃくが入荷しました。私が大学時代に村おこしのことを色々教わったかたの紹介です。長野県南部の阿智村の和合という地区で、地元産のこんにゃくを地域の高齢者の人の手で加工し、それを委託でレトルトパックしたものです。開封しなければ常温で保管できますので、重宝です。

 ひとつ280円。刺身用と煮込み用の二種類があります。暖かくなるまでの季節限定だそうです。よろしくお願いします。

 限定ラベルのものを除き、これでチョコレートビールが全て入荷しました。といっても、すでに売り切れも出始めています。



 まずは、北海道の鬼伝説ビールさんの初挑戦、スイートショコラです。
 原材料は麦芽とホップのみです。他はビターチョコ風味が多いのですが、苦味とともにひときわ甘さを強調してあり、ビターチョコよりも通常のチョコレートに近い印象のようです。
 北海道以外で瓶が登場するのはうちが初めてだそうです。価格は小瓶で430円。初登場お祝いの意味で安くしています。




 つづいては、山梨県の富士桜高原麦酒さんの恒例、チョコレートウィートです。
 小麦麦芽を使っているので、小麦のビール特有のバナナのような香りとあいまって、チョコバナナとビールと言う人もいます。
500ミリの瓶で750円です。





 なお、鬼伝説さんからは、チョコレートビール以外も入荷しています。
 従来の瓶商品は500ミリリットル入りでしたが、小瓶に変更されました。この姿での入荷は初めてになります。当店では小瓶の商品を求める方が多いので、これからますます人気になると思います。

 三種類の入荷です。左は金鬼ペールエール。味と香りがバランスよく調和した、毎日楽しむビールです。小瓶で450円です。

 真ん中はさきほど紹介したスイートショコラ。

 右は、昨年の夏に洞爺湖サミットにあわせて発売された、スイートストロベリーです。うちでも色々とフルーツビールを扱っていますが、特に評判の良かった商品です。自然なイチゴの香りがあり、甘さと酸味が実に良い具合にバランスが取れています。さすが元ケーキ職人さんです。
 再びの登場ですが、去年とはラベルデザインも一新。可愛らしくなっています。小瓶で450円です。


 この季節におなじみになりました、チョコレートビールが続々と入荷しています。今年は大手のキリンやサッポロもチョコレートビールを発売するようになり、ますます活気付いています。大手が参入したと言っても、地ビールの個性と多様性は昨年以上に魅力的なものになっています。
 当店では、昨年は10種類ほどのチョコビールが入荷しましたが、今年はさらに数が増えて20種類近くの入荷を予定しています。というわけで、現状の分をまとめてご紹介します。

 まず一枚目の写真は、国産チョコレートビールの元祖、ベアレン醸造所チョコレートスタウトです(390円)。ビターチョコ風味のビールという言わば原点の味です。ぬるめでゆっくりお楽しみください。温度が変わるにしたがって味わいが変化し、またそれぞれが美味しいので、楽しみ方が広がります。


 二枚目は、16日から発売が始まった、チョコレートビールブームの火付け役、サンクトガーレンさんのチョコレートビール種類です。四年目を迎えたインペリアルチョコレートスタウト(630円)、昨年大人気だった甘い香りのスイートバニラスタウト(450円)、今年新登場のオレンジチョコレートスタウト(520円)。

 三枚目は、こんなにたくさんあります、チョコレートビールの集合写真です。
 手前左から、サンクトガーレンさんのインペリアルチョコレートスタウト、金しゃちビールさんのインペリアルチョコレートスタウト(500円)、あくらさんのデュンケルボック(630円)、ベアレン醸造所さんのチョコレートスタウト、独歩ビールさんのホワイトチョコレート独歩(570円)、サンクトガーレンさんのスイートバニラスタウト、独歩ビールさんのチョコレート独歩(420円)
 後列左から、三次ベッケンさんのデュンケルボック(600円)、箕面ビールさんのインペリアルスタウト・通常ラベル(520円)、島根ビアへるんさんの縁結びスタウト(480円)。以上です。







 それから島根ビアへるんさんの限定品でショコラNo.7というチョコビールも入荷しています。縁結びスタウトの瓶、缶と並んで写っています。半年に及ぶ長期熟成という希少品です。(950円)

 右となりの写真は、いわて蔵ビールショコラスタウト(500円)と箕面ビールインペリアルスタウト(520円)です。




 それと、チョコレートビールとは違いますが、箕面ビールの限定品が色々入荷しています。定番となったW-IPAのほかに、冬の定番、地元柚子を使ったホ和イトエール、ブラスト(バイツェンボック)も入荷しています。
新年仕事始めから3日目。旧年売り切れ分の補充や季節商品の入荷が続きます。在庫の紹介も兼ねて、まとめご案内しておきます。

□■昨日今日入荷■

ベアレン   チョコレートスタウト

サンクトガーレン   XPA
サンクトガーレン  ブラウンポーター
サンクトガーレン  黒糖スタウト

富士桜高原麦酒   ヴァイツェン
富士桜高原麦酒   ラオホ

黄桜  ホワイトナイル
黄桜  ルビーナイル

島根びあへるん  宍道湖夕陽ビール 缶
島根びあへるん縁結びスタウト 缶



□明日にも入荷■□
箕面ビール インペリアルスタウト
いわて蔵ビール ショコラビール
いわて蔵ビール  バイツェンボック
三次ベッケンビール デュンケルボック


□下旬に入荷□■
富士桜高原麦酒 チョコレートウィート

■2月に入荷□■
いわて蔵ビール キャラメルエール


忍者ブログ [PR]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索