忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 まずは、けらもすさんの一週間のビール。博石館のデュアルポーターに続いては、オゼノユキドケの定番品ホワイトヴァイツェンです。



 同社の地ビール第一号で、今もその高い品質で多くの愛好者がいる商品です。比較的上品な印象のヴァイツェンです。コクの強い、コエドの白と比べてみてください。コエドの白はけらもすさんの定番です。




 まずは、予定よりも一日早く入荷した百楽門のどぶろくです。ただし生のほうです。写真は四合瓶ですが、一升瓶もあります。ただし、一升瓶はあと一本しか残っていません。四合瓶も残りがそれほど余裕がありません。火入れのほうは数に余裕がありますので、まだまだ大丈夫です。
 なお、今日現在でお飲みいただけるのは、三条花見小路下るのけらもすさんと、京都大学の北部祭典企画で、北部構内の入り口に出ているテントの二箇所です。北部祭典の企画のテントは、夜通し営業中です。
 四合瓶は1500円です。
 
 なお、明日は火入れ商品が入荷します。こちらは、一升瓶が2300円、四合瓶が1200円です。よろしくお願いします。

 

 ラベルの上にまかれた包装紙には、「酒の細道」で知られる高瀬斉さんの漫画がかかれています。ちょっとお奨めかも。



 それから、定番品ではありませんが、見慣れないラベルのこちらは、常陸のネストビールの輸出用商品です。たまたま在庫があったそうで分けていただけました。通販などでは、なかなか手に入れにくい商品です。いずれも420円。

 左のエスプレッソスタウトは、濃厚な黒ビールにコーヒー豆を加えたビールです。コーヒーの風味は分かるでしょうか。まだ試していませんが、温めても美味しそうです。

 右のリアルジンジャーエールは、高知産の生姜を使ったもの。もともとジンジャーエールというのは、こういう姿だったそうです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索