忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[102] [101] [100] [99] [97] [96] [95] [94] [92] [91] [90]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 新潟麦酒の新商品が入荷しました。両方とも今日現在、メーカーさんのホームページに掲載されていませんが、正真正銘新潟麦酒さんの商品です。
 青い瓶がカナディアンピルスナー。330ml瓶で320円です。今日入荷した分がメーカー初出荷です。地元はともかく、その他の地域では当店が最も早く買える店だと思います。
 味見をしたところ、淡い麦わらの色をした、スーッとさわやかな香りでした。ピルスナーは透明であることを求められるので、通常は透明なんですが、こちらの商品は瓶内発酵なので、当然酵母が入っていて、濁っています。この濁りのおかげで、上澄みの軽やかさと、下の方の軽やかさとコクが上手く同居した部分の両方が楽しめます。
 また、瓶内発酵由来の炭酸ガスだけですので、とても穏やかに感じられます。気が抜けているのではないですよ。肌理が細かいのが分かるのです。この点は、充填した炭酸ガスでは楽しめないところです。

 もう一つ、透明の瓶の商品は、ビールではありません。  「麻の水」 (140円)という炭酸水です。砂糖は入っていません。原材料は、水と炭酸ガスと「麻の実のエキス」です。同社の人気商品、麻物語の原材料の麻の実を使った関連商品です。
 やや控えめな炭酸と麻の実の心地よい苦味と微かな甘味が、乾いた喉にやさしく感じられると思います。

 両方とも少し背の高いビンで格好よしです。となりに麻物語を置いてみたので比べてください。

 ところで、この二種類は、いつもの新潟麦酒とは高さが違う瓶ですので、箱も高さの違うものでないといけません。そういう箱もあるはずなんですが、今回はごらんのようにガラス瓶用の箱が使われていました。
 リサイクルだなんだと色々言われていますが、まだ使えるものをわざわざ煮溶かして作り直すまでもなく、そのまま使えばすむこと。それをあっさりとやってくださる新潟麦酒さんに、拍手!!ちなみにこの箱は、さらにお酒の地方発送に使いました。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索