忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 今回は、前代未聞どぶろくの飲み比べを行いました。なお、このどぶろくの飲み比べは、17日のお酒の会でも行います。

 どぶろくは、特区で話題になったのに刺激されてか、すでにいくつかの酒造メーカーが一般市販向けのものを発売しています。長野県内では少なくとも2社、白川郷の濁り酒を作るメーカーでも出しています。しかし、いずれも清酒酵母の仕込みで、どこかで飲んだ清酒の風味です。本物の風味とはことなり、不本意なところです。

 しかし、古式ゆかしい本物のどぶろくを作るメーカーが、実は2社あります。滋賀の旭日奈良の百楽門です。旭日は通常市販してませんで、神社向けのみですが、ほんの少しでてくる余分を、蔵の店頭で販売してまして、今年は運よく手に入れられたのです。

 比較のために、七本槍の純米にごりの瓶詰め直後のものを、11日の日曜日に仕入れてきましたので、お出ししました。

(この項 書きかけ)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索