忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今朝の朝日新聞に、中国がリン鉱石の輸出関税を大幅に引き上げ、実質的に輸出を止めた状態にあると報じられていました。署名記事なので、配信ではなく朝日の独自記事でしょう。

 リン鉱石は、中国が最も多く産出していて、肥料に不可欠な鉱物です。これを中国が自国分を確保すべく、輸出規制に乗り出したわけで、先日の輸出規制で一躍注目された希土類(レアアース)と同じ事態がおこっているわけです。
 植物の三大栄養素のうち、窒素肥料は空気中の窒素を使って造られますが、カリウムも燐酸も、鉱物資源から得られるものがほとんど。ここ数年、カリウムも燐酸も高騰したままです。バイオ燃料で、肥料の需要が増えたのも背景にあるようです。まして、これから先、人口の増加に伴って、ますます必要になるというのに。

 中国は最近になって輸出規制を始めましたが、アメリカは20年近く前から産出量を減らしており、さらに続く地域も出てくるでしょう。こうした鉱産肥料の先行き懸念もあって、各国が自国分の確保に動いているとのこと。日本もそれに乗り遅れるなというような締めくくりでした。

 ただ、先日来話題のTPPが発効せずとも、日本農業が先細りなのが実情。肥料も必要でなくなると思う人もいるかもしれません。しかし、カリウムも燐酸も、農業に不可欠ですが、それ以上にさまざまな工業分野で使われてもいます。日本国内で農業が衰退しても安穏としていられるのは、工業が有力であればこそ。しかし、その工業は、輸入資源で成り立っているわけで、資源の囲い込みが始まったとき、農業以上に厳しい状況になるのではないでしょうか。
 21世紀はなかなかに大変な時代になりそうです。


 なお、先日の京都大学の学園祭、北部祭典で西村和雄さんが訴えていたのは、肥料資源が少なくなる、そう遠くない未来に、わずかな肥料で作物が得られる有機農業が、重要な技術になるというものでした。徐々に現実のものとなりつつあります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索