忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[303] [302] [301] [300] [290] [299] [298] [297] [296] [295] [294]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月18日(日)

 ライ麦畑で麦踏をしませんか?

 田植えだ稲刈りだと、色々お世話になっている京都府南丹市日吉町胡麻の中村さんですが、新年最初は麦踏です。

 田植えをやった人、稲刈りをやった人、これは案外あります。なにしろ日本の米の自給率は、例外的に高いまま維持されていますから。
 しかし、麦畑は北海道を除いて、高度成長期にほとんど姿を消してしまいました。麦踏は、冬ののどかな農作業の代表として知られますが、麦畑が姿を消すと、見かけることもなくなりました。
 今の40代以下の人は見た記憶もほとんどないはず。まして、やった人となるとまずないでしょう。わたしもありません。しかも、今回は麦は麦でもライ麦です。あのライ麦です。
 こんな麦踏を自分の足でやってみませんか? いつもはトラクターと特別なアタッチメントでやっている作業ですが、人の足でするように残してもらってます。

 集合時刻は、9時ちょっとすぎに京都駅を出る山陰線の園部行きの列車に乗って園部で乗り換え、胡麻駅に10時過ぎに集合です。乗り損なうと一時間遅れになるので、ご注意ください。わたしはこの電車に、二条駅から乗ります。
 また、昼食代に500円程度を頂きます。

 参加ご希望やお問合せは、当方に木曜日までにご連絡ください。


 なお、麦踏を11日にやるとお知らせした方もありますが、中村新さんから電話がありまして、11日は村の新年会なので、一週間遅らせたいとのことで、麦踏体験は18日の日曜日になりました。ご迷惑をおかけします。


 それから、もうひとつ大事なことです。麦踏は、さまざまな農作業のなかでも、最も冷える作業です。暖冬だとは言っても、これでもかというくらいの防寒対策をしてください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索