忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[293] [292] [291] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予定通り入荷しました

百楽門どぶろくです。


生のほうはほぼ完売で、火入れのほうはたくさんあります。
一升瓶と四合瓶がありまして、一升瓶は2600円 四合瓶は1300円です。
今年は週始めからの発売のせいか、ややゆっくりのスタートです。


○百楽門のどぶろく
春日大社の新嘗祭で使われるどぶろくを仕込む百楽門が、一般向けにもどぶろくを製造販売しています。
どぶろくは、酒税法上では清酒との違いは濾しているかどうかですが、歴史的には、気温の高いときに少量でも仕込めるように発展したもので、特に酵母の増殖を行う「もと」の工程が、水もとと呼ばれる方法で行われます。
日本酒の生もとや速醸もとの原型ともなった製法で、天然の乳酸菌を増殖させて、腐敗を防ぐというものです。
多くの日本酒がもつ乳酸主体の酸味とはまた違った、複雑な酸味をもち、たっぷりの濁りが含まれ、それでいて軽い飲み心地をもっています。
この季節だけの数量限定です。ぜひお飲みください。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索