忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 京都府の真ん中へん。日吉の胡麻駅から少し山手に入った畑で、今年もライ麦が育ちました。おそらく京都で唯一のライ麦を栽培する農家、中村新さんのライ麦です。例年、収穫したライ麦は当店のオリジナルビールの『京都ぐるり』の材料となります。
 しかし、昨年は梅雨の長雨のためにカビが拡大。収穫したものの、諦めるほかは無く、京都ぐるりは作ることができませんでした。今年も早すぎる梅雨のせいで、カビの被害が出始めたために、収穫自体を諦めるかというところでしたが、思いがけず天気予報は外れて晴れた日が続き、カビの拡大もとまりました。
 ということで、急遽ライ麦の刈り取りと相成りました。

 参加は、わたしと中村さんと応援の方々8名、合わせて10名。面白いことに、共通の友人知人がいるという方々ばかりで、初対面ながらも和気藹々とした雰囲気でした。





 7月はじめという暑い時期ではありましたが、一日中曇り空が続き、暑すぎることも無く作業のしやすい空模様。その上、参加された皆さんは非常に作業の早い人が多く、作業は非常に順調にすすみ、明るいうちに全て終えることができました。本当に感謝です。

   

 刈り取られた麦は、稲木にかけられてしばしの間乾燥されることになります。雨対策にビニールをかけられます。
 順調に行けば、乾燥後に脱穀、そしてびーるとなって、皆さんの奥地に届くのは10月ごろになる予定です。

 終了後、中村さんからは、じゃがいもをお土産に頂き解散。お世話になりました。まずは、乾燥が上手く行くことを願うばかりです。





 ところで、参加されたかたの中に、先日の東日本大震災と原発事故によって、営農継続が困難になったり、失業して新しい仕事に農業を考えている人に向けて、関西などの農地を紹介する事業をしておられるかたがおられました。
 ハローファームプロジェクトというそうです。協力してくださる農家と、参加を希望する被災者の方を募っておられます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索