忍者ブログ
山岡酒店の日記やお知らせ、売り物のお酒をご案内しています。 飲むこと食べることをこよなく愛する私と料理と素材に精魂込める母と商品知識は今ひとつながら愛想はいい父親の三人の店です。
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日は日曜日。いつもなら定休日ですが、本日は営業しております

年の瀬の掃除や賀状の用意をしながらの営業ですので、少々ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、よろしければお越しください。
PR
日本伝統の自家醸造の酒であったどぶろくは、西南戦争、日清戦争のための酒税強化にともなって禁止されました。

明治に始まった各地のビール造りは、日露戦争の増税で消滅しました。

昭和初期に意欲的な中規模蔵が取り組んでいた吟醸酒は、第二次世界大戦で贅沢であるとして事実上禁止されました。



何年か前、こんなことを年賀状に書きました。年賀状にしては殺伐としてますかね。

明治以降、日本の歴史は戦争の繰り返しでしたが、戦争のたびに税金が酒税が厳しくなり、そして酒が消えました。ビールや吟醸酒のような新しい酒もあれば、どぶろくのように伝統的な酒もありますが、一度消えると何十年と復活できません。
地ビールは90年代にようやく、どぶろくも2000年代になって特区で復活しました。いずれも80年、100年と掛かっています。

もし今、戦争が行われたら、やはり取りやすい税金である酒税は強化されるでしょう。そのとき、いずれかの酒が消されるかもしれません。
私はそれをとても危惧しています。たぶん、その消される酒が、私がとてもお世話になってきた、地ビールであったり、地酒であったりするのではと心配してるからです。



戦争というのは、外交上やむにやまれず行われることもありますが、ときには内政の失敗をごまかすために行われることもあります。
今、戦争をあおるような政治家がいます。内政の失敗で、戦争をあおってるのではないのか、外交努力を放棄しているのではないのか。
わたしはそれを心配します。晩酌を多い目にいただいて、こんなことを書かずにおれなくなりました。



今年も酒粕が入荷、販売中です。お待たせしました。

伏見の招徳酒造さんの純米吟醸の酒粕です。香り良くて、味わいは重たくない。

粕汁にするなら根菜多めがおすすめです。
焼いただけでお酒のおつまみに絶品です。
すっかり自由化された酒販売ですが、酒の製造と卸は実は以前のままだったりします。製造のほうは税金を取る都合上、規制が多いのはまだわかりますが、小売販売を自由化しながら、卸は免許制が名実ともに機能してるため、折々に議論の対象になっていました。

その卸が今秋から一部緩和されるという話であったのですが、うちには当面関係ないのでようやく昨日、その内容を確認した次第です。


やっぱりちゃんと確認しておくもんですねー。
一部緩和されるといっても、本当に一部でしたよ。新しく、ごく限られた条件で酒類の卸ができるという免許ができるんですが、そこの募集みたいなですよね。

その新しい卸免許の一つが、どうやら酒問屋が実質消滅した地域のために、設けられた制度のようでした。これってかなり切実で、ぜひ必要なんですが、実のところ5年くらい遅かったなーというところです。

日本の役所って、危ないから未然に対応しなくて、本当に手遅れな部分が出始めてからようやくってことばかりですが、今回もなんですよね。やっぱり。
 神奈川県厚木のサンクトガーレンさんから毎年この時期に発売の、悪魔のビールこと「エルディアブロ」が、今年も発売です。例年、ボジョレーヌーボーの解禁にあわせて、このビールも解禁されます。今年は初めて天使のビールこと「ウンアンヘル」も発売されます。
 当店ではもちろん両方販売しますので、よろしくお買い求めください。京都はもちろん関西でも、売ってるお店はあんまりありませんからね。

 ところで、このエルディアブロは、バーレーワイン、すなわち大麦のワインと言われる種類のビールです。ワインを思わせるような高い度数というばかりでなく、ワインのように何年にもわたって熟成させることができるのです。
 そして現在、当店では2010年版と2011年版も、こっそり持っていたりしまして、お買い求めいただくこともできます。直営ネット通販では、2012年版もすでに完売しているのですが、うちなら熟成させた味を飲み比べることもできます。興味のある方、いかがですか。

 なお、お問い合わせの方はこちらまでお電話ください 
075-461-4772(山岡酒店)


忍者ブログ [PR]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
山岡酒店
性別:
男性
職業:
酒屋
自己紹介:
当店の連絡先は次の通り。お便りのかたはどうぞご利用ください。
otayori@yamaoka-sake.com

京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

電話番号
075-461-4772
バーコード
ブログ内検索